下町に恋して

谷中・根津・千駄木、そして日暮里など、下町の雰囲気に魅了され、ぶらぶら〜と町歩きしています。
<< 【根津】 Wrapped crepe Korot 〜ラップドクレープ コロット〜 | TOP | 【浅草】 東京スカイツリー 絶景の写真スポット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
【谷中】 ひみつ堂 晩柑(ばんかん)のかき氷
JUGEMテーマ:東京下町ネタ
JUGEMテーマ:谷中・根津・千駄木


暑い〜
まだまだ残暑が厳しいですね。
こんな時に行きたくなるお店をご紹介。

谷中にある天然かき氷屋さん「ひみつ堂」さんです。

ひみつ堂。名前からしてなんかわくわくしてくるではありませんか。
オープン前に谷中のお茶屋さんにチラシが置いてあって、ずっと気になっていたんだけど、今年の夏は暑くてなかなか行く気になれず。
8月27日にやっと行ってきました。

日暮里駅から谷中銀座に向かう階段を降りたら左の小道へ。
最近、テレビでもよく取り上げられているからか、小道に入る時には張り紙がしてありました。
でも、お店は谷中の商店街からちょっと離れたところにあるので、事前に場所は要チェック。


谷中 ひみつ堂
着いた時にはもう待っている人でたくさん。
ウェイティングノートに名前を書き、2時間ぐらい散策して戻ってきました。


ひみつのいちごみるく
みよ!これが看板メニューの「ひみつのいちごみるく」だ!

もう、とにかくボリュームがすごい。
ご主人が手動で一生懸命に削ってくれる氷はふわっふわ。
ミルクを入れたり苺を入れたりと何回かにわけてどんどん削って上に重ねていきます。
これで600円。これを高いと思うか、安いと思うか。
600円を超える価値アリ!ですよ。
お祭りのかき氷だって、けっこうするもんね。

苺の果肉たっぷりで、苺のシロップをかけたというより、作りたての果肉たっぷりのジャムをかけたといった感じ。
苺だけで甘ずっぱさを味わいつつ、ミルクだけも食べてみる。
もちろん、両方まぜまぜもまたおいし


バンカン
私がいただいたのは「晩柑(ばんかん)」味。
これまたすごいボリュームです。

お店のホームページを見ていて「甘夏」がすごくおいしそうだったんだけど、この時はありませんでした。
その時に手に入る素材を選んでメニューに取り入れられているのでしょうか。

で、選んだのが柑橘系好きなのでこちらの晩柑。
晩柑とは、ザボンに似たフルーツのようです。
酸っぱいかなぁ。と思ったんだけど、心地よいさわやかさ。
果汁たっぷりで、写真でも見えるけど、種が入っているくらい「しぼりたて」な感じ。
これで「¥800」。
なかなか手に入らなさそうな素材とふわっふわな氷と果肉でじゅうぶん満足でした。
おいしかった

ご丁寧に、氷が溶けちゃった時のことも考えてストローも置いてくれています。
店内はエアコンをつけていないので、天然の暑さの中、天然の涼しさを楽しむ。そんなひとときをお楽しみくださいませ。

冬は冬でかき氷以外のことも考えてらっしゃるようです。
冬の谷中散策でもちょっと立ち寄ってほっとできる。そうなってくれると嬉しいなぁ。

ひみつ堂さんのブログはこちらから。


気に入ったら↓クリックしてやってくれると喜びます♪ 
blogram投票ボタン
| 谷中 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 19:41 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shitam-koi.jugem.jp/trackback/9
トラックバック