下町に恋して

谷中・根津・千駄木、そして日暮里など、下町の雰囲気に魅了され、ぶらぶら〜と町歩きしています。
<< 【谷中】 谷中の幽霊に会いに行く その2 「茶遊亭」 | TOP | 【谷中】 今年も全生庵の幽霊画の展示が始まっています >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
【根津】 根津 とうふ工房 須田
JUGEMテーマ:東京下町ネタ
JUGEMテーマ:谷中・根津・千駄木
根津 とうふ工房 須田

ずいぶん更新していなかった!
久々の更新です。
「根津 とうふ工房 須田」さんでランチしてきました。



友達と根津・谷中を散策しようということになり、はじめに行ったのが根津駅からすぐのところにある「根津 とうふ工房 須田」 さん。
こちらは友人であるyusaiさんのブログによく登場していたお店。
かなり頻繁に通ってたようだ。

根津駅を出てすぐのところに2軒あり、私は手前のお店に入りました。
ここで豆腐づくしのランチをいただくことに。
1,500円昼膳をいただきま〜す
ランチで1,500円の豆腐づくし。どんなのが出てくるのでしょう


根津 とうふ工房 須田
右奥の「湯のみ」みたいなうつわには豆乳が。
お食事の前に出されたのだけど、もう、この一杯でもう「やられた〜って感じ。

豆腐は好きだけど豆乳はあまり好きではないのだけど、これは匂いもほとんどなくてするする〜って入っていく感じ。
絶対うまいに決まってる!
期待が高まる。

続いてお揚げと自家製豆腐が登場。
お揚げは単なるつけ合わせではなく、量も多いし自家製豆腐並みの自己主張
お揚げがおかずになるのかな?」と思ったんだけどそれは大間違い。
甘辛い味噌でからっとあがっていて、おいしかった〜。
薬味のネギをのせるとこれまたうまい!
これは好きな味だわ。

自家製豆腐もほんのり甘くて私はお醤油をかけなくてもいけました。
むしろ、豆腐だけの風味を味わいたいから醤油は要らない。
パラパラっと塩をかけただけでも大豆の甘みが伝わっておいしい。


根津 とうふ工房 須田
揚げだし豆腐にキャベツのシンプルなお味噌汁。
ご飯もツヤツヤ。揚げだし豆腐もうまい!
おみそ汁も濃すぎるあじでなくて、ほっとする味でした。


根津 とうふ工房 須田
こちらはデザート。
あれだけのボリュームでさらにデザートもついているなんて
豆乳プリンだったっけかな。上に柑橘系のソースがかかっています。
デザートって単なるカットフルーツを出すところもあるけど、たとえ高級であったりおいしかったとしても、なんとなく許せないんですよね〜。
こういった手がかかっているデザートはとても嬉しい。

1,500円でこれだけのボリュームがあるのは素晴らしい
小食な人、女性はご飯も食べきれないかもしれません。
(私は完食でしたが。)

店内ではお持ち帰りでお揚げや豆腐やお惣菜が売っていて、何か買って帰りたかったけど、もう、おなかいっぱいで何も考えられない・・・
人気店で、店内もそんなに多いお客さんが入るわけではないので、まず、並んでいると思うけど。
(この時は前に3組くらいいました。)
もし並びすぎて諦めそうになっても、店舗内のお惣菜売り場をのぞいてみることはおすすめします。
「おなかいっぱいで選べな〜い」ではなく、逆にものすごーく冷静に吟味できるかも。
ランチが1種類のみで選ぶことができないため、逆にそれが「回転が早くなって意外に順番がすぐまわってくる」んだけど、座席の間は狭めだし、「ゆっくりランチ」には向かないかもしれないけど、ここでさっとランチして、谷根千散策するにはちょうどよいランチ場所です。

あ、こちらのお店。
豆乳ソフトとか豆腐スイーツもあるそうです。
残念ながらおなかいっぱいすぎて断念。
次はぜひ、チャレンジしてみたい。


「根津 とうふ工房 須田」さん。
近くに友達が来た時には案内したいお店です。


【根津 とうふ工房 須田】
住所:東京都文京区根津2-19-11

気に入ったら↓クリックしてやってくれると喜びます♪
blogram投票ボタン 


食べログのレビューはこちら。

関連ランキング:豆腐料理・湯葉料理 | 根津駅東大前駅千駄木駅

| 根津 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shitam-koi.jugem.jp/trackback/6
トラックバック